サ ポ ー ト
お知らせ
誠に勝手ながら、平成24年12月末日をもちましてサービスを終了させていただくことになりました
  • 新規受付は終了させていただきました
  • 期間の延長をしていただけません
  • 有効期間中はいままでどおりお使いいただけます
  • 平成24年12月25日現在で有効期限が残っておられる方には5円/1日の計算でご返金致します

>> 過去のお知らせ
障害情報・工事情報
現在、障害はございません

>> 過去の工事情報・障害情報
よくあるご質問
登録関係
規約はありますか?
認証コードが書いたメールが届きましたが新規登録の方法が分かりません
ユーザIDやパスワードを忘れました
送金方法を教えてください
有効期限の延長はいつからできますか?
送金したのにステータスが変わりません
午前0時を過ぎてもステータスの残日数が変わりません
解約をしたいのですが・・・
解約をしましたが、再登録したいのですが…
ホームページを別のサーバに移しましたが、サポートに連絡しなければなりませんか?

>> 問題が解決しませんでした
技術関係
バナーを表示したくないのですが・・・
アクセスレポートの配信だけをとめることはできますか?
パスワード保護や拒否IPアドレスなどのアクセス制御がかかっていません
パスワードで保護するページと保護しないページの両方のアクセスログを取得できますか?
暗号化したら、別のページが文字化けして読むことができなくなりました
暗号化したら、アクセスが2回ずつカウントされるようになりました
暗号化する前のソースに戻すことはできますか?
15ページにしか使えないのですか?
レンタル掲示板で利用することはできますか?
ブログで利用することはできますか?
携帯電話向けコンテンツで利用ことはできますか?
アクセスログは何件まで保存されるのですか?
アクセスレポートが届きません
管理画面でメール配信不能のエラーが表示されていますが心当たりがありません
「アドレス」欄や「リンク元」欄が空欄または無関係のURLです
アクセスレポートやアクセスログの「ホスト名」欄が空欄です
アクセスレポートの「アクセス日時」と「今回訪問日時」の違いは?
アクセスレポートやアクセスログの「訪問回数」が0ですが・・・
フレームを利用したページやURL転送サービスを利用したページでFree Logを利用できますか?
ページがなかなか表示されません
暗号化したら何も表示されなくなってしまいました
暗号化した場合、googleなどの検索サーバに内容が掲載されますか?
オートログインの解除はどうすればいいですか?

>> 問題が解決しませんでした
規約はありますか?
Free Log には規約はございません。法令とマナーに違反しない範囲で自由にご利用いただけます。他方、弊社側ではプライバシーの保護を徹底しておりますので、個人情 報の流出・メールアドレスの転用などのご心配はございません。
認証コードが書いたメールが届きましたが新規登録の方法が分かりません
新規登録の作業を途中で中断されたものだと思われます。恐れ入りますが、再度、画面の説明をよくお 読みになりながら、新規登録をなさってください。
ユーザIDやパスワードを忘れました
こちらでご確認ください
送金方法を教えてください
こちらをご覧ください。
有効期限の延長はいつからできますか?
特に制限はございません。例えば、残り日数が100日の場合に365日の期限の延長をされますと、残り日数は465日となります。
送金したのにステータスが変わりません
管理画面にログインしてステータスの変更をなさってください。ステータスの変更をされないと送金が 有効になりません。
午前0時を過ぎてもステータスの残日数が変わりません
メンテナンスはサーバの負荷が低い午前4時30分から午前6時に行なっております。ステータスの残 日数は午前6時に変わります。仕様ですのでご了承ください。
解約をしたいのですが・・・
管理画面にログインされたあと、「ステータス変更」で「解約」にステータスを変更なさってくださ い。
解約をしましたが、再登録したいのですが…
一度、解約された方が再登録される場合には、再度、新規登録をなさってください。
ホームページを別のサーバに移しましたが、サポートに連絡しなければなりませんか?
Free Log では、どのページにFree Log をご利用になっても差し支えございません。従いまして、サーバを変更されてもご連絡いただく必要はございません。Free Log の名前のとおり、自由にお使いください。
バナーを表示したくないのですが・・・
管理画面にログインし、「デザイン:デザインの変更」にて「非表示」を選択なさってください。
アクセスレポートの配信だけをとめることはできますか?
管理画面にログインし、「アクセスレポート:配信方法の変更」にて設定なさってください。
パスワード保護や拒否IPアドレスなどのアクセス制御がかかっていません
アクセス制御をご利用の場合には、「ファイルの暗号化」をして頂く必要がございます。管理画面にログインして頂き、「ファイルの暗号化」をしてください。すでに、タグ方式のタグをお使いの場合は、タグを削除なさった上で「ファイルの暗号化」をしてください。
パスワードで保護するページと保護しないページの両方のアクセスログを取得できますか?
パスワードで保護するページは暗号化し、保護しないページはタグ方式をご利用ください。
暗号化したら、別のページが文字化けして読むことができなくなりました
同じページで2つ以上のファイルを暗号化することはできません。暗号化できるファイルは各ページに 1つのファイルだけですので、合計15のファイルのみを暗号化することが可能です。
暗号化したら、アクセスが2回ずつカウントされるようになりました
タグ方式のタグをすべてソースから削除してください
暗号化する前のソースに戻すことはできますか?
Free Log のサービスとしては元に戻すことはできません。改めて、ローカルファイルからFTPにて元のファイルをサーバにアップロードしてください。なお、このよう な場合に備えて、ローカルファイルは必ずバックアップを取っておいてください。
15ページにしか使えないのですか?
アクセスログが混在しても構わないとのことでしたら、タグ方式をご利用になった場合、複数のページ に同じタグをご利用になれば何ページにでもご利用いただくことが可能です。ただし、暗号化できるのは1つのページにつき1つのファイルだけです。
レンタル掲示板で利用することはできますか?
暗号化はすることができませんのでアクセス制御の機能はご利用頂けませんが、タグを無制限に埋め込む機能がついている掲示板ではタグ方式でしたらお使いいただけます。制限がある掲示板でも画像を埋め込む機能がございましたら、[ http://port-system.net/freelog.cgi/00000000/00/0/freelog.gif ] のように管理画面のタグ方式の項目の中の<IMG>タグの中身だけを埋め込むことでFree Log をご利用いただけますし、<IMG>タグのみが利用可能な掲示板の場合は管理画面のタグ方式の項目の中の<IMG ...>のタグを埋め込んでください。なお、この場合はスクリプトが利用できませんので詳細情報は取得できません。
ブログで利用することはできますか?
ブログでHTMLを編集する機能がついている場合には、HTMLを編集してタグ方式のタグをお使い いただくことが可能です。HTMLを編集する機能がなく画像を埋め込む機能がございましたら、[ http://port-system.net/freelog.cgi/00000000/00/0/freelog.gif ] のように管理画面のタグ方式の項目の中の<IMG>タグの中身だけを埋め込むことでFree Log をご利用いただけます。ただし、暗号化はすることができませんのでアクセス制御の機能はご利用頂けません。
携帯電話向けコンテンツで利用ことはできますか?
携帯電話のブラウザではJavaScriptが利用できないため暗号化することはできません。タグ方式をご利用ください。暗号化はすることができませんのでアクセス制御の機能はご利用頂けません。
アクセスログは何件まで保存されるのですか?
1日3000件まで40日分保存されます。
アクセスレポートが急に届かなくなりました
受信メールサーバの不調が原因と思われます。登録のメールアドレス宛にメールを送ってお確かめくだ さい。なお、システムがメールの配信を停止している場合もありますので管理画面のステータスをご確認ください。
管理画面のステータスでメール配信不能のエラーが表示されていますが心当たりがありません
メールを転送しておられないでしょうか?メールの転送先でエラーが発生している場合でもメール配信 不能のエラーになりアクセスレポートが届かなくなります。特に、転送先を携帯電話やフリーメールにしておられる場合は特にご注意ください。
「アドレス」欄や「リンク元」欄が空欄または無関係のURLです
アドレス欄の場合はInternet Explorer を2つ以上同時に起動してFree Log が埋め込まれているページにアクセスしたときに、同時に起動されている別のページのURLが通知されてしまうというInternet Explorer のバグが原因です。また、携帯電話からのアクセスのように特殊なブラウザによる閲覧の場合は空欄になります。リンク元欄の場合は、「お気に入り」や「ブッ クマーク」の機能を使ってアクセスした場合やメール中のURLをクリックしてアクセスした場合空欄になります。さらに、インターネットセキュリティソフト を利用した場合設定によりURLを書き換えることが可能ですのでそのような設定をした人のアクセスである場合URLがアクセス解析のCGIのURL(※) や空欄になったりすることがあります。
※http://port-system.net/freelog.cgi/XXXXXXXX/YY/Z//////// という形式です
※XXXXXXXX はユーザIDです
アクセスレポートやアクセスログの「ホスト名」欄が空欄です
LANなどホスト名が設定されていない経路でアクセスされたためです。この場合でも、IPドメインサーチをご利用になればホストを特定することが可能です。
アクセスレポートの「アクセス日時」と「今回訪問日時」の違いは?
タグ方式では「アクセス日時」は標準時、「今回訪問日時」は訪問者のパソコンの内蔵時計の時間 ですが、暗号化される場合にはどちらも標準時で両者に違いはありません。
アクセスレポートやアクセスログの「訪問回数」が0ですが・・・
訪問者がcookie を無効にしている場合「訪問回数」は0になります。
フレームを利用したページやURL転送サービスを利用したページでFree Logを利用できますか?
暗号化したファイルの場合は、親フレームにも子フレームにもご利用いただけます。タグ方式はご利用 いただけません。フレームの仕組みを利用したURL転送サービスをお使いの場合も同様です。
ページがなかなか表示されません
暗号化した場合は、変換前のファイルのサイズが大きい場合やパソコンの性能が低い場合にページの表示に時間がかかります。特に、暗号の解読にはJavaScriptを利用していますので、JavaScriptを含むページを暗号化すると実行速度が遅くなります。JavaScriptを外部ファイルに記述することで問題が解決されます。また、スタイルシートをお使いの場合、ファイルサイズが大きくなります。HTML作成ソフトで「スタイルシートを使用しない」という設定ができるときには、そのように設定してください。
暗号化したら何も表示されなくなってしまいました
シフトJIS以外の文字コードでホームページを作成されたか、1ページに2つ以上のファイルを暗号 化されたものと思われます。ホームページはシフトJISで作成なさって、暗号化は1ページに1つのファイルでお願い申し上げます。
暗号化した場合、googleなどの検索サーバに内容が掲載されますか?
暗号化した場合、検索ロボットにも内容が分からなくなります。検索ロボットは、< NOSCRIPT> から</NOSCRIPT>の間を検索します。従って、この部分に、<TITLE>タグや検索させたいメッセージを記載すれば、 その内容については検索されるようになります。具体的には、以下の手順となります。
  1. 暗号化前のローカルファイルを別の名前、例えば、index.html.bak などに書き換える
  2. 暗号化後のファイルを他社のFTPソフトで、サーバからパソコンにダウンロードする
  3. ダウンロードしたファイルの<NOSCRIPT> から</NOSCRIPT>の間を適宜書き換えて、上書き保存する。
  4. 保存したファイルを、他社のFTPソフトにてサーバにアップロードする
オートログインの解除はどうすればいいですか?
オートログインのチェックをはずして、再度、ログインしてください。
このページを読みましたが問題が解決しませんでした・・・
ユーザIDとFree Log をご利用のページのURLをご明記の上こちらまでメールにてお問い合わせください

トップページに戻る