Windowsを捨ててMacを使おう!

 

2006年02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プロフィール
パソコン歴20年近く。Windowsなどのマイクロソフト系のOSを使ってきましたが、Mac mini を見て一目惚れ♪
衝動買いでMac miniを買いましたが、これが思いもかけず素晴らしく使いやすいのです。Mac OS X についてはまだまだ素人ですがこの素晴らしさをWindowsユーザのために伝えていきたいと思っています。
このブログの更新は終了致しました

機種:M9686J/A
OS: Mac OS X Tiger

最近の記事
Mac OS Xに深刻な脆弱性
Mac OS Xを専門に狙うウイルス見 ..
Windowsとのファイルの共有
ThunderBirdにするなら・・・
Firefoxがいいかも!
cronを使った時刻合わせ
時計が狂う
FTPサービスで外部からファイルを ..
Webサーバを使う
MenuMetersのバージョンアップ
ターミナルを使う
Spotlightのアイコンを消す
Spotlightを無効にする
ベースはUNIX
拡張子
DVDドライブをリージョンフリーに ..
メニューバーに日付を表示
MenuMetersをバージョンアップ
Tigerの安定性
ログイン時に自動的にプログラム ..
天気予報をメニューバーに
MenuMeters(bps表示)のバグを修 ..
開発環境
MenuMetersをbps表示に
インストールしたいアプリケーシ ..
Operaの「ブックマークに追加」を ..
アプリケーションをカスタマイズ ..
アンインストール
Mac OSでのインストール

過去ログ
2006年 2月
2006年 1月

 



ThunderBirdにするなら・・・
ブラウザをFirefoxにしたらメールクライアントソフトはThunderbirdがいいですね。こちらも中途半端な幅なので設定ファイルで変更しましょう。設定ファイルは、ユーザフォルダのライブラリの中にThunderbirdフォルダがありますので、その中のprofileフォルダからデフォルトフォルダに降りていったところにあるlocalstore.rdfですのでこれをテキストエディタで編集します。あくまでも自己責任でお願い致します。

<RDF:Description RDF:about=
"chrome://messenger/content/messenger.xul#messengerWindow"
width="1024"
height="720"
sizemode="normal"
screenY="0"
screenX="0" />

あと、Mac miniでは表示が遅いと感じる方は「環境設定」の「詳細」メニューの「一般」タブにある「設定エディタ」をクリックします。ここに、mail.phishing.detection.enabledという項目があればフィッシングのチェックをする機能が作動しています。この機能はセキュリティの向上になりますがメールの表示の時点でメールの内容をチェックするのでメールの表示に時間がかかってしまうことがあります。これをtrueからfalseに変更すればフィッシングのチェックが行われなくなり表示は速くなります。
07:15, Thursday, Feb 16, 2006 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 

リンク
■人気blogランキング
■Mac mini
【送料無料!】Mac mini 1.25GHz/COMBO [M9686J/B]
■ホームページに戻る