Windowsを捨ててMacを使おう!

 

2006年02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プロフィール
パソコン歴20年近く。Windowsなどのマイクロソフト系のOSを使ってきましたが、Mac mini を見て一目惚れ♪
衝動買いでMac miniを買いましたが、これが思いもかけず素晴らしく使いやすいのです。Mac OS X についてはまだまだ素人ですがこの素晴らしさをWindowsユーザのために伝えていきたいと思っています。
このブログの更新は終了致しました

機種:M9686J/A
OS: Mac OS X Tiger

最近の記事
Mac OS Xに深刻な脆弱性
Mac OS Xを専門に狙うウイルス見 ..
Windowsとのファイルの共有
ThunderBirdにするなら・・・
Firefoxがいいかも!
cronを使った時刻合わせ
時計が狂う
FTPサービスで外部からファイルを ..
Webサーバを使う
MenuMetersのバージョンアップ
ターミナルを使う
Spotlightのアイコンを消す
Spotlightを無効にする
ベースはUNIX
拡張子
DVDドライブをリージョンフリーに ..
メニューバーに日付を表示
MenuMetersをバージョンアップ
Tigerの安定性
ログイン時に自動的にプログラム ..
天気予報をメニューバーに
MenuMeters(bps表示)のバグを修 ..
開発環境
MenuMetersをbps表示に
インストールしたいアプリケーシ ..
Operaの「ブックマークに追加」を ..
アプリケーションをカスタマイズ ..
アンインストール
Mac OSでのインストール

過去ログ
2006年 2月
2006年 1月

 



時計が狂う
Mac OS Xでは「システム環境設定」の「日付と時刻」の設定で自動的に正しい時間が刻まれるはずなのにサーバとしても使うために数日連続して電源を入れておくと時間がずれてきます。現在のパソコンの時計の精度はこちらのサイトでチェックできます。これを常に1秒以内のずれになるようにする裏技の紹介です。

Mac OS Xでは、まず、起動時にntpdateというプログラムで時刻を合わせますのでネットにつながっていれば起動時には時間が正確なはずです。その後の時間合わせはntpdというプログラムで管理されています。ところが、ntpdの設定ファイルの/etc/ntp.confを見ると以下のようになっています。

server time.asia.apple.com minpoll 12 maxpoll 17

これは、最小2の12乗秒(約1分)・最大2の17乗秒(約36時間)の間隔で時刻合わせをするという設定なのです。これでは、頻繁に起動するような使い方をする場合ならいいですが、長時間連続して起動させておいたり、電源を落とさずに「スリープ」をさせる使い方をしていると時計が狂ってしまいます。しかも、この設定ファイルを書き換えても、Mac OS Xがいつの間にか元に戻してしまうのでやっかいです。恐らく、Mac OS Xはパソコンとして使うので長時間連続して起動しないだろうし、Macの時間サーバに負荷をかけすぎないようにしようという設計思想なのだと思います。この対処方法を考えましたが、たぶん、最適だと思う方法を紹介します。これは、Mac OS Xのサポート外のことですから自己責任でお願いします。

スーバーユーザになって /System/Library/StartupItems/NetworkTime/NetworkTime というファイルの以下の場所に赤字の1行を挿入します(改行して見えているかもしれませんが途中で改行しないでください)。やり方が分からない方はこちらをご覧ください。

# Synchronize our clock to the network's time,
# then fire off ntpd to keep the clock in sync.
ntpdate -bvs
echo 'server time.asia.apple.com minpoll 5 maxpoll 11' > /etc/ntp.conf
ntpd -f /var/run/ntp.drift -p /var/run/ntpd.pid

これで、ntpdが起動する直前に常にminpollとmaxpollの数値が一般的なサーバの設定数値になります。minpollは6が一般的かも知れませんが個人的には5がいいと思っています。ただ、これはサーバを扱ったことがある人によって考え方が違いますのでこの数値を推奨している訳ではなくあくまでも個人的意見として受け取ってください。

ファイルを変更して再起動すれば常に時刻が正確になるはずです。再起動後1時間程度たったらスーパーユーザでntpqというコマンドを入力してください。

# ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================
*sng-ntp.asia.ap 17.254.1.194 3 u 1160 2048 377 110.953 -20.650 5.077

最下行の先頭に*がついていれば大丈夫です。これは起動直後にはついていないので必ず1時間くらいたってから確かめてください。もし2〜3時間たっても*がつかないときはファイルを正しく修正できているかどうかをチェックしてみてください。なお、別の対処方法について次回書きたいと思っています。
05:59, Saturday, Feb 11, 2006 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 

リンク
■人気blogランキング
■Mac mini
【送料無料!】Mac mini 1.25GHz/COMBO [M9686J/B]
■ホームページに戻る