Windowsを捨ててMacを使おう!

 

2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール
パソコン歴20年近く。Windowsなどのマイクロソフト系のOSを使ってきましたが、Mac mini を見て一目惚れ♪
衝動買いでMac miniを買いましたが、これが思いもかけず素晴らしく使いやすいのです。Mac OS X についてはまだまだ素人ですがこの素晴らしさをWindowsユーザのために伝えていきたいと思っています。
このブログの更新は終了致しました

機種:M9686J/A
OS: Mac OS X Tiger

最近の記事
Mac OS Xに深刻な脆弱性
Mac OS Xを専門に狙うウイルス見 ..
Windowsとのファイルの共有
ThunderBirdにするなら・・・
Firefoxがいいかも!
cronを使った時刻合わせ
時計が狂う
FTPサービスで外部からファイルを ..
Webサーバを使う
MenuMetersのバージョンアップ
ターミナルを使う
Spotlightのアイコンを消す
Spotlightを無効にする
ベースはUNIX
拡張子
DVDドライブをリージョンフリーに ..
メニューバーに日付を表示
MenuMetersをバージョンアップ
Tigerの安定性
ログイン時に自動的にプログラム ..
天気予報をメニューバーに
MenuMeters(bps表示)のバグを修 ..
開発環境
MenuMetersをbps表示に
インストールしたいアプリケーシ ..
Operaの「ブックマークに追加」を ..
アプリケーションをカスタマイズ ..
アンインストール
Mac OSでのインストール

過去ログ
2006年 2月
2006年 1月

 



Spotlightのアイコンを消す
前回、Spotlightを無効にしましたが、Spotlightを無効にしたらメニューバーにあるアイコンは不要です。これを消すにはSpotlightの本体を削除すればオーケーです。

前回と同様にrootでログインしてFinderの移動メニューから「フォルダに移動」で /System/Library/CoreServices/ に移動します。ここのSearch.bundleというファイル(正確にはパッケージ=フォルダです)がSpotlightの本体ですのでこれを削除して再起動すればとりあえずSpotlightのアイコンは消えます。

しかし、SpotlightはTigerのOSとしての機能ですのでSearch.bundleという名前のファイルを削除してしまうとOSのアップデートのときなどに支障が出る可能性があります。OSのアップデートのときに元に戻せるようにSearch.bundleという名前のファイルを削除せずに仮の名前に変えておきます。アイコンをクリックして「情報を見る」からSearch.bundleの名前を例えば _Search.bundleのようにファイル名の先頭に半角の下線文字を入れるなどして仮の名前に変えます。

Mac OS Xのアップデートのときには必ずこの_Search.bundleファイルを元のSearch.bundleという名前に変更しておいてください。
07:39, Tuesday, Jan 31, 2006 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 

リンク
■人気blogランキング
■Mac mini
【送料無料!】Mac mini 1.25GHz/COMBO [M9686J/B]
■ホームページに戻る